トップ 園芸・ガーデニングガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

園芸・ガーデニングガイド様々なガーデニング > 家庭菜園

家庭菜園

家庭菜園の画像

家庭菜園を楽しむ方が増えてきましたが、まだまだ難しいということで躊躇している方も多いのではないでしょうか。
確かに育てるのが難しい野菜もありますが、まずは簡単な野菜から初めてみるようにしましょう。

トマトやピーマン・二十日大根・リーフレタスなどは、比較的育てやすい野菜です。
まずは土作りですが、初心者の場合には家庭菜園用の培養土が販売されているのでそういったものを利用しましょう。
肥料もとても大切ですが、油かすや牛ふん・化成肥料など様々な肥料があります。
種を植え付けたときと、成長途中に一度肥料を与えるようにしましょう。
どういった肥料を使うのかわからない場合には、専門家に聞くことが一番です。
何を育てるのかを決めてから、肥料を選択するようにします。

種を植えたら、後はゆっくりと成長を見守るようにしましょう。
土の表面が乾いたら水を適宜あげるようにします。
トマトなどは簡単に収穫することが出来るので、育てていてもとても楽しいものです。
家庭菜園は食べる為だけでなく、ガーデニングの一部として考えている方も多いようです。
家庭菜園の配置を考えながら、レタスや小松菜などの葉を楽しむこともいいでしょう。
見ても楽しむことができ、食べても楽しむことが出来る家庭菜園はガーデニングの醍醐味でもあります。

自分で作った野菜というのは、他の野菜とはまた格別な美味しさです。
子どもも自分で育てた野菜であれば、喜んで食べることでしょう。
簡単な野菜を収穫することが出来たら、次は少し難しい野菜にも挑戦してみてください。
きっとガーデニングの幅を広げることが出来るでしょう。

園芸・ガーデニングガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 水やりの方法

毎日欠かすことの出来ない水やりは、ガーデニングの基本です。 植物というのは、水が多くても少なくてもよくありません。 正しいタイミングで、正しい量の水を与える必要があるのです。 鉢植えへの水やりは、上から乱暴に水をかけてはいけません。 葉を手で分けて、鉢の根元にゆっくりと水をかけるようにしてください。 水やりの時に水滴が花についてしまった場合には、きちんとふき取るようにしましょう。 そのままの状態でほおっておくと、その部分からシミになってしまったり病気になってしまうこともあり

園芸・ガーデニングガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。