トップ 園芸・ガーデニングガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

園芸・ガーデニングガイドガーデニングの基礎知識 > 花の上手な管理方法

花の上手な管理方法

花の上手な管理方法の画像

花というのは、こまめに管理することでキレイな花を咲かせることが出来ます。
出来るだけ長くきれいな花の状態を保つことが出来るように、上手な管理方法を学びましょう。

まず大切なことは、咲き終わって枯れてしまった花はきれいに取り除く必要があります。
どうしてかというと、花が咲くと種子というものが出来ます。
その種子に、花の栄養である養分が吸い取られてしまうからです。
花の種類によって取り除き方が異なるので、注意して取り除くようにしてください。
もうひとつ大切なことは、花の周りにある雑草を抜き取るということです。
花の周りにたくさんの雑草が生えているようであれば、養分や日光などが雑草に奪われてしまいます。

特に花壇では雑草が良く生えるので、気をつけるようにしましょう。
伸びすぎた茎も、管理する必要があります。
根元から10cm程度残して切り取ってしまうようにしましょう。
自分の育てている草花の特徴や性質を知ることも、とても大切なことです。
人間にもそれぞれ個性があるように、草花にもひとつひとつ個性があります。
花によってはたっぷりと水が必要なものや、少しの水でも十分に育つものなど様々です。
そういった個性を理解することで、毎年キレイな草花を咲かせることが出来るようになります。

花の上手な管理方法で大切なことは、じっくりとその花を観察するということです。
じっくりと観察することで、水が欲しいのか太陽が欲しいのかわかると言います。
まずは、じっくりと花の話しを聞くようにしましょう。

園芸・ガーデニングガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 苗の選び方

良い気候になると、ガーデニングを楽しむ方も増えてくるようです。 出来るだけきれいなお庭を造る為には、どのようにすればよいのでしょうか。 ガーデニングを始める為には、まず苗を購入する必要があります。 苗はどれも同じというわけではなく、良い苗とあまり良くない苗があります。 出来るだけ良い苗を選んで、きれいなお庭を作りたいものです。 では、苗を選ぶ際にはどのような点に気をつければよいのでしょうか。 まず茎が太くて固く、根元がしっかりとしているものを選択するようにしましょう。 病気

園芸・ガーデニングガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。